イタリア旅行記 その4建物が凄かった

我々が言った場所はフィレンツェ、ローマ、シエナ。
とにかく建物、遺跡群が凄かった。

特にローマは、街自体の建物がすべて古い、そしてでかい。
街の至る所に2000年前以上前の遺跡がある。
日本に1つでもあったら名所になりそうなものがあふれている。

というか多すぎ。当たり前の様にありすぎて、
対比するものが無いので感覚が一瞬で慣れてしまい
大きさ凄さが、実感できない。だから撮ってきた写真を見て改めて驚く。

機会があれば、今度は疲れていないうちに一つの場所をじっくりと観察してみたい。
多くを見ようとすると場所移動だけで疲れてしまう。

でも街全体を(広いローマはバス途中下車で)ざらっと見たので、
各街の全体の雰囲気は解りました。

フィレンツェは日本人も多い明るい観光向きの街。
街各所に壮大な美術館が点在しています。お勧めはウフィッツィ美術館。
でも夜8時を過ぎると街のムードががらりと変わります。
暴走族が横行するので夜は出歩かない方が良さそう。
(フィレンツェ、ローマともに落書き多し)

ローマは国の中心なので、新宿、渋谷、池袋、銀座+αのような
良くも悪くも都会らしい街。
中心駅のテルミニ辺りはやばそうな黒人やヒスパニック系が多いので、
夜はフィレンツェ以上にやばそう。
でも駅の雑踏を少し離れれば雰囲気が落ち着いてくるので
観光もできる…かな?

観光名所のパラティーノの丘~フォロロマーノはお勧め。
広大なので、目的地を丸一日ここだけに絞ってじっくりと眺めたい。
古い田舎の、美しい西洋の自然(パラティーノの丘)を眺めていると、
じつは自分の立っていた丘が、広大な古代の遺跡の上に存在していたことに後で驚く。
その下に広がる古代遺跡群は、ローマでも最も古い、フォロロマーノ。

シエナはフィレンツェからバスで1時間のところにある非常に小さな町。
かつてはフィレンツェと戦争、巨大なドゥーモ(教会)づくりで張り合った街。
この街がもっとも現代に汚染されていなくて、中世当時の街の雰囲気を実感できます。

まあ、トータルで見て、スリに会わなくて幸運でした。

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA