イタリア旅行記 その5彫刻

いました、いました原物ちゃん達。
ブルータス、ミケランジェロ、ジョルジョ、パジャント、
アポロ、ラオコーン、トルソ、刺抜き少年。

よく言われる事は、「石膏像と原物では彫りの精密さがまるで違う」
との事でしたが、まあ、たしかに、未完成品であるブルータスの表面の、
神経質なまでの微妙な彫り。ミケランジェロはブロンズ像でしたが、
表面的な顔のしわがはっきりしすぎていて、あれ?こんなかっこ悪かったっけ?
それ以外は石膏像のイメージとまったく同じでした。

また描きたい。いい加減卒業しろとか言わないように。

ダビデ、ベルニーニのアポロンとダフネとかは心底凄いと思えました。
修正のきかない大理石でここまで大胆かつ繊細に穴を開けるとは。
棺の上に横たわる、無名な作品達の服のしわの美しさ。触りたい。

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA