金属製Bf109E-7を作ろう 3

金属模型がプラモデルに比べて、決定的に不利なのが塗装。
金属は、焼付けしない限り塗料の食いつきが弱い。
マスキングテープをはがす時に下地から根こそぎ剥げやすい。

メタルプライマー→白→黄→黒→空色→茶色
という手順でいこうと思う。

サフェサーは、今回あまり改造をしていない事や、
モールドを残し、極力塗幕を薄く仕上げたい為に、敬遠した。

ドイツ十字をマスキングで描いていく。
ただひたすら正確に描くしかない。しかも1/72。
マスキングしても剥げる不安のないプラモデルがうらやましい。

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

金属製Bf109E-7を作ろう 2

次の記事

金属製Bf109E-7を作ろう 4